• IR情報 IR Information

FAQ

Question

企業情報

決算・財務情報

株式情報

事業内容

研究開発

生産・販売・サポート体制

Answer

Q. 会社設立はいつですか?

A. 1987年9月です。

Q. 上場したのはいつですか?

A. 当社株式の上場は以下のとおりとなっております。
2003年9月 JASDAQ市場(現 JASDAQ証券取引所)へ上場
2007年3月 東京証券取引所市場第二部へ上場
2007年4月 東京証券取引所への上場に伴いJASDAQ証券取引所上場廃止
2008年3月 東京証券取引所市場第一部へ上場

Q. テクノメディカの証券コードを教えて下さい。

A. 証券コードは6678です。

Q. コーポレートガバナンスへの取組みについて教えて下さい。

A. 当社のコーポレートガバナンスにつきましては、東証ホームページに開示しております「コーポレートガバナンス報告書」をご覧下さい。

Q. 決算期を教えて下さい。

A. 当社決算期は3月31日となっております。

Q. 決算発表の日程を教えて下さい。

A. 決算発表は、5月中旬(本決算)、8月初旬(第1四半期)、11月中旬(中間決算)、2月初旬(第3四半期)となっております。
日程の詳細につきましては「IRカレンダー」のページも併せてご参考ください。

Q. 過去の決算情報・有価証券報告書等を見たいのですが?

A. 当社IR情報サイトの「IR資料室」をご覧下さい。

Q. 決算説明会での資料を見る事ができますか?

A. 当社IR情報サイトの「IR資料室」に直近の「決算説明会動画」と共に「決算説明会資料」を開示しておりますのでご覧下さい。

Q. 株主名簿管理人はどこですか?

A. 三菱UFJ信託銀行です。

Q. 株式の諸手続き・問合せ窓口はどこですか?

A. 当社は、株式に関する事務を三菱UFJ信託銀行へ委託しております。

【株式に関する諸手続き問合せ先】
〒137-8081 東京都江東区東砂7丁目10番11号
三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
■お問合せ先 :0120-232-711(フリーダイヤル)
■各種手続用紙のご請求 :0120-244-479(フリーダイヤル)
受付時間 / 土・日・祝祭日を除く9:00〜17:00)
http://www.tr.mufg.jp/daikou/

Q. 株主優待制度はあるのですか?

A. 平成23年9月30日より株主優待制度を開始いたしました。
○対象: 平成28年9月30日現在の当社株主名簿に記載または記録された100株以上を保有の株主様
○内容: 対象となる株主様へ一律、お米2kg を平成28年11月下旬に発送 (予定)

Q. 株主総会はいつ開催されますか?

A. 定時株主総会は毎年6月下旬に開催しております。
日程につきましては「IRカレンダー」のページをご参考ください。

Q. テクノメディカとはどんな会社ですか?

A. 臨床検査用分析装置及び医療機器の開発から製造・販売及びアフターサービスを手掛け、研究開発を主力とした医療機器メーカーであります。

Q. 検体検査装置とはどんな装置ですか?

A. 検体検査装置とは、血液等の検体を測定し、値を数値化することにより診断の目安とする装置のことであります。当社で販売している検体検査装置には、血液ガス分析装置、ハンディ型血液ガス分析装置、電解質分析装置、赤血球沈降速度測定機があります。

Q. 採血管準備装置とはどんな装置ですか?

A. 採血管準備装置とは、採血・採尿検査に関する受付業務から採血・採尿検査準備作業を自動でおこなう装置であります。看護師の採血業務の支援ならびに、検体の取違え事故の防止、迅速な結果報告を可能とし、それぞれの医療施設にあった採血管準備のトータルシステムを提供しています。

Q. POCTとは何ですか?

A. POCT(Point Of Care Testing)とは、検査室での一括検査ではなく、診療・看護の現場で医療スタッフが実施する簡易検査ならびに患者自身が在宅で実施する自己検査のことであり、今後の需要が高まると見込まれる分野であります。POCT製品としては、ハンディ型血液ガス分析装置があり、緊急用としてはもちろん、透析施設、ベッドサイドで幅広く活躍する装置であります。

Q. 研究開発・技術開発はどのように取り組んでいますか?

A. 新しい価値をもった独創的新製品を開発し、新たな市場を開拓することを最大の目的としております。企業や大学などの研究機関との技術交流や共同研究をおこない、スピーディーな研究工程を目指すとともに、市場のニーズあった、新規性のある製品開発を目指しております。

Q. 現在おこなっている研究テーマについて教えてください。

A. 採血管準備装置のトップメーカーであり続けるため、操作性、信頼性の向上を可能とする製品の開発をおこなっております。POCT分野においては、成人病や慢性疾患の検査分析ができる製品開発をおこなってまいります。

Q. テクノメディカの生産体制について教えてください。

A. 当社は、各種装置の技術開発と設計に注力を注ぎ、装置の製造・組立ラインを社内で保有せず外部の協力会社へアウトソーシングをおこなっています。オリジナリティの高い多彩な製品ラインアップを低価格でお客様に提供するため、製造・組立ラインを外部委託し、製造コストの削減を目指しております。

Q. テクノメディカの販売体制について教えてください。

A. 当社が直接国内・海外ユーザーへ製品を販売する場合と、販売業者を経由し国内・海外ユーザーへ製品を販売する場合があります。

Q. テクノメディカのサポート体制はどうなっていますか?

A. 本社を含めた全国12箇所の事業所を基礎に、機器やシステムに関するきめ細かい修理・保守サービスを展開しております。お客様からのお問い合わせに迅速に対応できるようサポート体制の充実を図ってまいります。


PAGE TOP