• 製品情報 Products

医療ソリューション

全自動採血管準備装置

BC・ROBO-8000RFID

求められている未来の、一歩先。採血管にRFIDを用いて、臨床検査市場に革新を。

  • 動画はこちら
おもな特長

●直観タッチの操作パネル、ラベルセットの自動化、採血管の入れ間違いを見逃さない検知機能で、安全・安心、簡単・正確を実現。

●4〜30管種(最大5ユニットまで連結可能)まで多彩なニーズに対応し、環境や使用方法に合わせて選べるオーダーメイドのシステム構成。

●取り出し採血管の、ユニット間横断搬送が可能となり、突然のマシントラブルにも万全バックアップ。

仕様
項目仕様 / 性能
適用採血管 外径:φ12〜18mm
長さ:75〜113mm
ゴム栓、フィルム栓、プラスチック栓、栓無し分注管、尿スピッツ管
(形状によっては使用できないものもあります)
処理能力 12秒/1患者(4本の場合) 連続発行時300人/時間
採血管収納本数 標準供給部:100本
少量供給部:35〜50本(採血管の形状により異なります)
トレイ収納個数 空トレイ積み重ね個数:20個
発行済みトレイ平面待機個数:4個(2ユニット構成の場合、ユニット構成により異なります)
発行済みトレイ積み重ね個数:20個
印字方式 ダイレクトサーマルまたは熱転写
印字種類 バーコード:code128,code39,JAN,ITF,NW-7(codabar)
文字:英数字、カナ、ひらがな、記号、漢字
RFID各種印字機能 90度/180度/270度回転、LINE、BOX、白黒反転、文字間隔設定
プリンタ自己診断 ペーパーエンド検出、ヘッドオープン検出
ラベル 30×50、35×50、30×60mm
RFIDラベル使用可能(オプション)
※装置の安定稼働のため純正ラベルをご使用ください。
ラベル用紙のセット オートローディング
バーコード検証機能 ラベル貼付後にバーコードリーダで読み取り検証
採血管混在検知機能 画像処理により、キャップ形状、色、管長、管径を検出し正誤判定
標準ソフトウェア ・上位システムとの接続方式
 IHE LBLプロファイル準拠、TCP/IP、RS-232C簡易手順
 (BC・ROBO通信仕様書を参照ください)
・連続発行/外来発行/病棟発行/外来優先発行/緊急割り込み発行/再発行
・ラベル貼付位置は容器毎に設定可能
・ラベル印字フォーマットは容器毎に設定可能
・患者データの非表示切換
・時間帯別患者数等、統計データのCSV出力
電源 単相AC100V 50/60HZ
消費電力 500VA(2ユニット構成の場合)
外形寸法 745(W)×795(D)×1220(H)
(2ユニット構成の場合、トレイ収納部・パネルPCの高さは含まず)
本体重量 350kg(2ユニット構成の場合)

●外観、仕様は改良のため、予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。
●オプション:パッキングユニット、ラック立てユニット、自動搬送採血台(RFID対応有)

 

修理などのご依頼はこちら

サポート

0120-585-194

土日曜・祝日を除く AM9:00〜PM6:00

製品についてのご質問・お問い合わせ

サポート

 


PAGE TOP